目的に合わせて準備しよう!歯医者の初診料

初めて歯医者に行った時に発生する

一律に決まっている料金

初めて歯医者に行った時は、初診料を支払うと法律で決められています。 これは最初の1回にだけ発生する金額で、次からは再診料という名前になります。 初診料よりも、再診料の方が安くなると覚えておきましょう。 きちんと費用を持って、歯医者に行ってください。

保険制度で決まっていること

日本には、保険制度があります。
この制度では、初めて歯医者を受診する場合は初診料を支払わなければいけないという決まりになっています。
初診料は最低限掛かる費用のことで、850円ぐらいです。
その年によって、微妙に設定されている初診料が変わります。
2回目からは初診ではなく再診になり、支払う金額は約180円になります。
しかし前回歯医者を利用してから3か月以上の時間が空くと、どのような場合でも初診と判断されます。
その際は、初診料を再び支払ってください。

初診の場合は、治療費も含めて1000円から4000円になるところが多いです。
金額に大きなばらつきがあるのは、どのような治療をするのかによって変化するからです。
大きな治療をする場合は、かなり高額な費用が発生します。
しかし初診でそこまで大きな治療をするケースは少ないので、安心してください。
もし次回は大きな治療をするので高額な費用が必要になるなら、前もって医師に言われるはずです。

保険証を持っていない場合は、当たり前ですが保険を適応できません。
そのため、治療費の10割を負担しなければいけません。
しかし歯医者によっては後日保険証を持って行くと、差額分を返してもらえます。
そのようなシステムの歯医者だと、安心して治療を受けられますね。
また初心でも再診でも、治療時間にあまり変化はありません。
長くても1時間程度で済むので、忙しい人も口内に違和感を抱いたら歯医者に行きましょう。

5000円があれば足りる

どのような症状でも、5000円があれば治療費をしっかり支払えると言われています。 大掛かりな治療をすると料金が高くなりますが、それは2回目以降です。 さらに医師が、次回は高額な費用が必要になると事前に伝えてくれるので、そう言われたらまとまった金額を用意してください。

10割を負担することになってしまう

普段は歯医者に行った時に、治療費を3割だけ負担していると思います。 それは、保険を適応できているからです。 ですが保険証を忘れると、全額を自分で負担しなければいけないので初診でもかなり高額な費用が発生します。 そのために、忘れずに保険証を持って行ってください。